Profile

Acekay Kawada

Author:Acekay Kawada
Vocal and Guitar of the musical group, CATSUOMATICDEATH. He wanted to be a sculptor ever since his childhood, but now he is a songwriter and a musical actor. He likes to read and write and sing and play the guitar.

Archive

Link

このブログをリンクに追加する

2017.06.09    [ Myカテゴリ:未分類 ]

Rising Sun Rock Festival 2010 in Ezo, Mo'ezomatic Tour in Hokkaido, and some miscellaneous writings

Hey people out there, w'ssup? I've been working my ass off to get a clearer vision concerning life and music: sorry for my long absence on the net.


Been inside for a long time trying to get all the gears rightly tuned; more than half year is just not enough to get everything right. Since our last gig-event last year with dip at Shelter, Beratrek has been helping us out greatly. His appearace has led me to believe all the gears I've been loving in vain needs to be rightly tuned and matched with the amp and guitar which eventually brought the idea that "Ibanez AD9 Delay Robert Keeley Mod with foot pedals" was the only pedal that I can still keep in the front line of my pedal board.


I had tons of fuzz and distortion and overdrives, but now I only use early proco rat and ram's head; thus three pedal on the front line. This was the sound people had everywhere. when I had first started touching my guitar in the 80's, these were mostly the pedals people had. As far as I listen to the sound I make when I scratch on my guitar, it is the sound itself I have in mind and in my memory. I never preferred revivalism, but I pretty much love this dirty sound. It's "the" classic sound, but somehow sounds differently now. My guitars have been taking a long time to be tuned right; and is still not done. Two of my JMs need repair on the bridge and the pickups to keep the original sound which I had removed long time ago(what was I thinking at then!) I must had no idea da'fuc I was doing to my guitar in my early years when jazzmaster 1961 had cost only $800 at stores in downtown NY. Ghee, ignorace can cost lots... Well, I'm back to where I first began but with a better idea where I'm going.


Where da hell we're going now? We are still a duo rock band with Beratrek helping us out on the bass. We haven't gone so far on this point, but things surrounding us seemed to change alot; many bands leaving the industry and lots of breaking ups among people and classic harley riding bands; new festivals appearing and swarming everywhere in the country. I had no idea where we were going, but the answer seemd to be in the wind; and we got it. After our Hokkaido tour in May 2010, we got an offer to play at the RISING SUN ROCK FESTIVAL in HOKKAIDO, which, primarily focuses on domestic artists unlike FujiRock and SummerSonic. I got a call directly from the director so I just told him I'll take it and didn't let Yuka know about this for couple days, I don't know why. We're going to play there on the 15th of August, 3:10am for about an hour as a closer of GreenOasis, a stage where it holds approximately 4000 to 5000 audience. God know what it's gonna be like; at least I know nothing what's gonna happen out there.

There are guys out there telling me we are the chosen dead horse playing behind big bands, but I gotta say sometthing to these fine young men; I DON'T CARE and I CARE LESS ABOUT MANY THINGS surrounding me; I CARE ABOUT VERY FEW THINGS. I love music and my friends, and I pay respect to where I belong. I am going there to play simply because, I want to give an end to what I've been doing for the past 7 years and to bring a new begginning to myself, and also, want to play music for the people who even care to bother coming to our show, so I don't give a damn if you're trying to turn me down; rape me if you can.

Anyway, we're going to tour Hokkaido. After the festival we've got five other gigs coming. Here's our official dates with posters:

rising2010poster
August 15th 3:10am Green Oasis@ Rising Sun Rock Festival 2010 in Ezo


moezomatic

IT'S MO'EZOMATIC TOUR 2010
August 15th late nite@ Hall Spiritual Lounge, Sapporo
August 17th CRU-Z, Otaru
August 18th Denkineko, Asahikawa
August 19th Rest, Obihiro
August 20th Pigtsy, Sapporo


Some randomly shot pics from when I was touching my, pedals.
2
this guy has four send returns holes with a booster in the middle: a smart guy. Me and my friend Turbo made this creature. It creeps out late at night on the floor and it looks like
small1176b.jpg



I need some time to read and write, deadly. Help me God.
Acekay







2010.07.29    [ Myカテゴリ:未分類 ]

北海道ツアー!みんな!ありがとう!from 神居古潭 !!!

カツオマティックデスの初の北海道ツアー無事に終わりました!

応援に駆けつけてくれた皆さんそして関係者の皆さん、本当に本当にありがとうございました!

追って北海道日記をアップしたいと考えていますが、
とりあえず、カツオマティックデス(カツオマンの場合)の新しい故郷からお礼を申しあげたいと思います!

カツオマティックデス@神居古潭(石狩川・神居大橋より)

「有難うございました候。」

故郷がないカツオマティックデス(カツオマンの場合)にとってはまるで新しい故郷を得たような夢のような日々でした。
ヒグマ様に襲われないように由加さんも僕もダークな洋服で神居古潭に巡礼に参りました。
カツオのパワースポットに違いないと感じた次第です。
夏に北海道にまた行く予定がありますが、この時もこちらにお参りしたいと思います。






2010.06.03    [ Myカテゴリ:未分類 ]

サンクスX4!モニカ!---WMG Tour Final 2009 is OVER OVER OVER!!!!

宇宙の皆様

「吉川晃司デス。サンクス。」

カツオマティックデスは12月10日@下北沢Shelterにて、「ホア・マザー・ガッデス・ツアー2009 ファイナル・ギグ」を無事終了することが出来ました。平日にも関わらずほぼ満員となった会場を目の当たりにし、たくさんの勇気をいただきました。ありがとうございました。

また

ツアーファイナルにご来場いただきました皆様、ツアー中に全国でカツオマティックデスを応援しに来てくれた皆様(うっかり見てしまったみなさんも)、31箇所のライブハウスの皆様、Zher the Zoo安斉さん、Shelter 平子さん、エクスプロージョンの小嶋さん、カツオスタッフのナミさん、ユウホちゃん、ユウタロウくん、コウタロウくん、デザイナーのaccaさん、永島学さん、川口ショックマン、増田智章さん、松谷ユーキさん、少年ナイフさま、山本MoOogさん、石塚Bera伯広さん、ヤマジカズヒデさん、dipの皆さん、the blondie plastic wagonさん、PAの三谷さん、Bad Music 森さん、遠くから遠隔操作のように応援してくれたSugar吉永さん、そしてウェブを通して遠くから応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

そしてWhoreMotherGoddessのリリースを助けてくださった、Musicmineの天野さん、浅野さん、High Bridge高橋尚人さん、素晴らしいライナーノートを書いてくださいました、佐藤良明先生、怒髪天の増子直純さん、是永巧一さん(ex.Rebecca)、少年ナイフ直子さん、Bakiさん(mosquito spiral)、グレート前川さん(フラワーカンパニーズ)、アイダシゲカズさん(FOE)、Rockin' Jelly Bean(Jackie & the Cedrics)、Yokoさん(Noodles)、ターキーさん(GO! GO! 7188)、百々和宏さん(Mo'some ToneBender)、Genki(Babamania)、藤井寿光さん(ANATAKIKOU)、本当に本当にありがとうございました。

今回のツアーで僕等カツオマティックデスが得たものは本当に大きかったです。これまでここまで大規模には海外でしかやってきていない僕らとしては、毎回毎回がとても貴重な体験でございました。ツアー後半でベースの川口ショックマンが二度ライブ中に肺気胸で倒れ、一時的にツアーが中断してしまいましたが、それでも多くの友人と先輩に支えられてますます力強くなってこの逆境を乗り切ることが出来たこと、心から感謝しております。この貴重な経験を恩返しするべく、日々精進してまいりたいと思います。もちろん結果を出し続けるという意味での精進の旅でございます。

そして最後にもう一人のカツオマティックデス、吉村由加さん。これまでもそうでしたが、君なしにはこのツアーは成り立ちませんでした。この場を借りて、言わせてください。今回もすっかりお世話になりましたね。何から何まで学んだような気がします。僕はこの経験を無駄にはしません。本当に、ありがとうございました。


ツアーファイナルのお写真をいくつか。

websmallWMGTourFinal2009Pos.jpg

ツアーポスター。シルクハットは永島学氏、デザインはaccaさんによるコラボレーション。

IMG_0763s.jpg

12月10日のShelterの看板。自主企画だとついつい写真をとりたくなってしまいますね。


ライブは始まって
IMG_0770s.jpg

ブロンディさん。篠原くん飲み会でも凄かった。最後まで勢い止まらず元気いっぱいでした。


続いてdipさん。もう大変です。本番中は写真を取れなかったので勝手にリハーサル写真です。ヤマジさんごめんなさいー!

smallWebIMG_0472.jpg


続いて、僕等カツオマティックデス。この日はベースにBeratrek氏登場です。Beratrek氏の今日のユニフォームは米軍のパイロット服という話を聞いていましたが、いざ着てみたらなんとNASA仕様になっておりました。やはりStartrek宇宙人だったわけですね。
IMG_0781s.jpg

やっぱり不良でしたBeraさん。普通に怖い人にしか見えません。なんででしょう。音はもっと凶暴でした。
怖すぎデス。(そして本当に怖い先輩なんだけどね。。。)


そして由加さん
IMG_0891s.jpg

叩きっぷり男前でした。ロック以外のナニモノデモナイ、ですな。ひょえ~ かっこいいな~ 
由加さんかっこいいな~ (この人も筋金入りなので怖いんですよ)

さて、アタイは
IMG_0803s.jpg
(僕はお人良しなおバカさんですから優しいんですね)

暴れすぎて帽子はすっかり脱げてペシャンコでした。暴れすぎて足元は大変なことに。。。シールドでエフェクターのつまみ類がめちゃめちゃに!予想していない凶暴なサウンドがこうしていつも偶発的に出来上がるわけです。これを一回的な芸術と世の中では言いますね。


キメの一間

IMG_0810s.jpg

おー!なんだか二人ともグッシャリだな~!やっぱロックはこうじゃなきゃ!汚くて、グシャグシャで、汗臭くて、獰猛じゃなきゃな~ グワシ。

そして

最後打ち上げ前にシェルターで。

smallwebIMG_0491.jpg
左上からヤマジさん、由加さん、Beratrekさん、ナカダッチさん、
左手前、アタイ、篠原くん、ナカニシさん、平子さん(Shelter)

そして朝の始発まで下北沢の中華料理屋で全員で打ち上げでした。丸いテーブルを囲い朝まで紹興酒と中華とビールで盛り上がりまくりましたよ。ナカダッチさんがCCBのロマンティックが止まらないを大声で歌いだし、僕等全員が店員さんに怒られてしまいました。まるで小学生のようにみなさん「あ、すんません」と謝るフリだけをして、結局もっともっとボリュームが上がりまくってました。180デシベルはあったと思います。もう騒音ですね。。。そして三々五々朝方に解散でございました。


カツオマティックデスのツアーが本当に終わってしまいました。


さて、次は何をするかな。みなさん、お楽しみに!



皆さん、本当に本当にありがとうございました!!!

ACEKAY/CATSUOMATICDEATH






2009.12.17    [ Myカテゴリ:未分類 ]

"WhoreMotherGoddess! Release Party with SHONEN KNIFE!"

HEY BOYZ AND GRRRLZ!!!

It's today! Come get your BOOZ wicha GRRRL!



eventflyer

2009.05.31    [ Myカテゴリ:未分類 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ